So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサード リンク
- | 2013年09月 |2013年10月 一番上へ
前の10記事 | -

iPhone5s「ゴールド」の耐久テストが話題に、韓国ネットユーザーは「もったいない!」―中国メディア

韓国紙・朝鮮日報(電子版)は25日、米アップルから発売されたばかりの超人気製品「iPhone5sのゴールド」の耐久性を試す動画話題を集めていると報じた。26日付で中国網が伝えた。

引用元:続きはこちら
訪問済み!(1)  コメント!(0) 

米ネバダ州でオートバイの赤信号無視が合法に!【地元テレビ局が伝えるニュース映像あり】

米ネバダ州では、10月1日から赤信号で停止後、2分以上たっても信号が変わらず、周りに他の車や歩行者がいなかった場合、オートバイ、モペッド、3輪バイクに限り、赤信号での通過が合法になる。

引用元:続きはこちら
訪問済み!(0)  コメント!(0) 

SB孫社長ツイッター沈黙1か月の謎 罵詈雑言に心が折れたのか、それとも…

かつては「ツイッターの伝道師」とも言われたソフトバンクの孫正義社長のツイートが途切れて1か月が経った。2013年9月には、アイフォーン(iPhone)の新機種発売を直前に控えていたことから、販売戦略上ツイートを避けていたとの見方もあった。
だが、新機種発売から10日が経っても沈黙を守ったままだ。
9月30日の新製品発表会でも、ツイッターは全くと言っていいほど話題にのぼらなかったが、J-CASTニュース記者の質問に、沈黙の理由を明かした。

引用元:続きはこちら
訪問済み!(0)  コメント!(0) 

『コンスタンティン』ドラマ化、『ダークナイト』デヴィッド・S・ゴイヤーが製作

キアヌ・リーヴス主演で映画化された、DCコミック原作『コンスタンティン』(05)のテレビドラマ化が米NBC局で進み、『ダークナイト』シリーズのデヴィッド・S・ゴイヤーが脚本と製作を手掛けることが明らかになった。

引用元:続きはこちら
訪問済み!(0)  コメント!(0) 

auのKDDI、あきれた二枚舌営業〜購入時に虚偽説明、強いクレームには特別に補償対応

アップルiPhone 5s/5cの発売、およびNTTドコモのiPhone商戦への参入で話題沸騰の携帯電話業界。
その陰で、KDDI(au)の不誠実な消費者対応が大きな問題となる可能性がある。
その行為は、「詐欺的」と言われても仕方ないもので、消費者は今後、auの動向に注目していく必要がある。
KDDIは今年5月21日、不当景品類及び不当表示防止法の規定に基づく措置命令を消費者庁から受けた。
その概要は、昨年発売したauのiPhone 5の高速通信規格4G LTEで、受信最大75Mbpsの人口カバー率を96%とうたって販売しておきながら、実際には14%でしかなかったことに対して、消費者庁が一般消費者に正しい事実を伝えるように措置命令を下したものだ。

引用元:続きはこちら
訪問済み!(0)  コメント!(0) 

ドコモのiPhoneは、いつ購入するのがベスト?

ドコモからiPhoneが発売されて約10日。このときを待ちわびたドコモユーザーたちが機種変更に殺到しているかと思いきや、二の足を踏んでいるユーザーも多いようだ。
その理由のひとつが、「@docomo.ne.jp」のキャリアメール(spモードメール)への対応だ。

引用元:続きはこちら
訪問済み!(0)  コメント!(0) 

赤ちゃん19人に「先天性風疹症候群」 昨秋の流行以降

風疹の大流行がおさまりつつある一方で、妊婦が感染し、赤ちゃんの耳や心臓などに障害が出る「先天性風疹症候群」(CRS)が増え続けている。
流行が始まった昨秋以降で19人。厚生労働省は30日、委員会を設置した。

引用元:続きはこちら
訪問済み!(0)  コメント!(0) 

日本の漫画家といえば誰を思い浮かべる? - 日本在住の外国人に聞いてみた

今回は、日本在住の20人の外国人の方に「日本の漫画家」と聞いて思い浮かべる作家についてアンケートをとってみました。
世界各国から日本へやってきた方々からは、どんな漫画家の名前が挙がるのでしょうか。

引用元:続きはこちら
訪問済み!(0)  コメント!(0) 

ドラマ「IMAT」 救命医演じる玉木宏、収録は熱中症との闘い

昨年9月、警視庁の要請で結成された医療派遣チーム「IMAT(アイマット)」を題材にした初のドラマ
バス・船舶乗っ取りや立てこもりなど負傷者が想定される事件現場に24時間態勢で急行し、救命活動に尽力する。
「医療」と「刑事」の人気ジャンルが融合した新感覚ドラマだ。
 「日本で凶悪事件はそう多くないけれど、いざという時、こうしたチームがあれば安心できる。
ただ、役を通じて、なんて過酷な仕事なんだと実感しましたね」

引用元:続きはこちら
訪問済み!(0)  コメント!(0) 

大学生は要注意! 実は超失礼な日常語

「その言葉遣い、目上の人に失礼だから直しなさい!」――こんな注意を先輩や上司から受けた経験のある人は、きっと多いはず。
学生時代には何も考えずに、友だち同士やバイト先で使っていた言葉なのに、会社に入った途端にNG宣告。
言葉遣いの間違いは社会人生活における最初の壁と言えるかもしれません。

■パターン1 敬語の誤用
■パターン2 日常の習慣
■パターン3 上級編

引用元:続きはこちら
訪問済み!(1)  コメント!(0) 
前の10記事 | -
- |2013年09月 |2013年10月 一番上へ
スポンサード リンク

スポンサード リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。