So-net無料ブログ作成
スポンサード リンク

ゴリラも世代間でIT格差? 子は1日30分タッチパネル 親は触れもせず 京都市動物園

京都市動物園のゴリラ舎で、学習用タッチパネルを使った知性研究の実験が始まり、親子ゴリラ間の関心の“ギャップ”が浮き彫りになっている。

「年齢による差が大きいのではないか」との見方も。

4月末にオープンした京都市動物園(京都市左京区)のゴリラ舎で、学習用タッチパネルを使った知性研究の実験が始まり、親子ゴリラ間の関心の“ギャップ”が浮き彫りになっている。

最初に興味を示した2歳の雄ゲンタロウは最近では1日に30分程度、パネルを触って“お勉強”するようになったが、13歳の父モモタロウと27歳の母ゲンキはまったく関心なし。

市動物園は「他の霊長類同様、年齢による差が大きいのではないか」としている。

タッチパネルは15インチの大きさで、画面に表示される数字を順番に触れると、連動する装置から自動的にエサのリンゴが与えられる仕組み。

オープン前の4月26日に屋内多目的室に設置された。

市動物園によると、数字の順序を覚えさせる研究は、ゴリラでは国内初の試みで、世界的にも珍しいという。

新ゴリラ舎では親子3頭が飼育されており、夫婦の子のゲンタロウは、5月3日からパネルにタッチし始めた。

最近では、画面に表示された「丸印」に触れるのをスタートに、数字の「1」と「2」を順に触れるケースもみられる。

成功率はまだ50%弱で「数字の意味を完全に理解したわけではない」(担当者)が、1日に30分間程度、パネルの前で熱心に「お勉強」するようになっている。

一方、モモタロウとゲンキは警戒して近づかず、パネルに触れたこともないという。

同動物園は「まだ研究は始まったばかりだが、他の霊長類の知性研究で、幼いほど同様の実験に取っつきやすい傾向が明らかになっており、ゴリラの場合も年齢による差があると類推できる」としている。

チンパンジーやマンドリル、テナガザルでもタッチパネルを使った知性研究を進めている同動物園は、今後、比較研究も視野に入れており、同動物園生き物・学び・研究センターの田中正之センター長は「後天的な学習によって、霊長類の間で文化的な情報がどう伝わっていくかについても、研究を進めていきたい」と話している。

引用元はこちら


スポンサード リンク

訪問済み!(17)  コメント!(0) 

訪問済み!17

コメント!0

スポンサード リンク

スポンサード リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。