So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサード リンク

大飯原発差し止めで関電控訴=原告ら「判決向き合ってない」

関西電力は22日、大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止めを命じた福井地裁判決を不服として、名古屋高裁金沢支部に控訴した。

同社は「引き続き大飯3、4号機の安全性について主張していきたい」とのコメントを発表した。

福井地裁は21日、大飯原発には地震の際の冷却機能や放射性物質を閉じ込める構造に欠陥があると指摘。

「運転によって住民の人格権が侵害される具体的な危険がある」として差し止めを命じた。

原告の住民3人と弁護団は22日午前、関電本店(大阪市北区)を訪ね、控訴断念や再生可能エネルギーの活用を求めた。

しかし、関電が控訴したことが分かり、弁護団の笠原一浩弁護士は「判決を検討する時間はなかったはずで、関電が判決に真摯(しんし)に向き合っていない証拠だ」と批判した。 

引用元はこちら

スポンサード リンク

訪問済み!(15)  コメント!(0) 

訪問済み!15

コメント!0

スポンサード リンク

スポンサード リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。